卒業生の声卒業生から頂いた感想をご紹介

卒業生お母さまからのお便り

長男受胎からのあっという間の20年間を思い起こしてしまい、この間ずっと我が家の軸には、七田の教育があり、計り知れない程お世話になったのだなと、改めて思いました。
七田の教育は単元的な教科の学習に止まらず、食育、環境学、時には、宇宙をも感じたり、はたまた無限大の脳の世界のものでした。
細胞分裂盛んな子供の吸収は勿論ですが、既成概念で凝り固まった親の不要なガードを剥がし、再教育して頂く場でもありました。
この七田に巡り会えたことに感謝しつつ、少しでも多くの人がこの教育に触れられ、大袈裟かもしれませんが、自然界の皆が共生できたらと、お祈りしていますm(_ _)m
追伸
改めて、七田の先生方、お母様方との交流は、貴重だったなと思います。

東工大Hさんのお母様

小さい頃からご指導頂いたお陰で、イメージ力はすごく立派になりました。
「最高点で合格するから」と何度も言ってました。昨夜、自己採点と結果速報の最高点、ピタリ一致でした。ウソ、信じられないけどホント。Mは「ほらね!」としてやったり顔でした。
七田地理ソングは現役活躍してるし、記憶力は七田のお陰と今も自分で言ってます、本当に先生方のお陰と思います。ありがとぅございました。

洗足学園Mさんのお母様

卒業生からのお便り

私の受験勉強は、人よりずっと短い時間ですみました。
それは、小さいころから七田に通っていたからです。
なぜそういいきれるのか…その理由は三つあります。
まず、記憶力。
フラッシュカードで、見たものをそのまま頭に形作る習慣がつきました。
また、同時に言葉も耳に入ってくるので、時間がたっても音が頭に残るようになりました。
次にスピード。
七田のプログラムは多種多様なので、小さいころから飽きっぽかった私にも楽しめたのですが、いつの間にかすばやく取り組む力がついていたようです。
そしてもうひとつは、自信です。
いつも七田で「イメージしたことは実現するよ」と言われていたせいか、受験の真っ只中でもあまり不安になりませんでした。
模試で合格率30%の判定が出たときも、「30%もあれば きっと大丈夫」と言っていたほどです。
のんきなようですが、こののんきさが受験を成功に導いてくれたように感じています。

慶応大学Mさん

七田に通ったことで、今でも役に立っているのは、速読力です。
普通の文庫本なら、片道1時間の通学時間で読み終わります。
サッカー部に所属していて、自由な時間も少ないのですが、毎日、新聞や本を読み、自分の中の引き出しをたくさん作って必要なときに取り出せるので助かっています。
卒業してから、妹の七田のレッスンにつきそったことがあるのですが、ゆったりした深呼吸に始まったかと思うと、歌ありお笑いありでノリノリのテンポになっていく先生のレッスンが、すごく懐かしかったです。
同時に、どんな取り組みが自分の速読力を育ててくれたのかを客観的に捉えることができ、改めて、七田をやっていてよかったと実感しました。

開成学園Sさん

▲このページの先頭へ